2019年2月25日

彼岸の期間中(18日~24日)、先祖代々過去精霊追善回向を勤め、中日に法要を勤めます。

中日法要は、3月21日(木曜日祝日)11時勤修となります。≪本堂にて≫

      

        【 回向・塔婆受付中   】

 

                                                        ★特に中日法要の日は車が混雑しますのでご了承下さい。

 

 


2019年2月3日

雨がポツリポツリと降り始めましたが無事に山門から本堂に上がる事が出来ました。

 

大導師(当寺住職)により各願成就護摩供が厳修されました。 

 

赤鬼・緑鬼・黄鬼の順に加持を受けます。

 


福豆撒きです。       御稚児さん可愛いですね! この度は11名の出仕となりました。

 

雨の中でしたが大勢の方々にお集まりになっていただきました。本当にありがとうございました。

 

『友あそび』主催のお茶会も行われました。

 


2019年1月1日

寒い中たくさんの方々が『待宵の鐘』を撞かれました。

平成31年 己亥 初日の出と一夜の塔 幻想的な光景です

 

山門に門松を置きお正月様をお出迎えです。

 

特にお正月は大黒天(小槌宮)でたくさんの方々が御祈祷を受けられます。


2018年12月23日

千二百八十余年続く宝寺伝統の追儺式です。

法要は平成31年2月3日午後2時より、各願成就護摩供・追儺式を行い、

続いて福豆撒き式を行います。

檀信徒が鬼・七福神に扮し、福男・福女が出仕します。

本堂にて法要を執り行いますが無料でご覧いただけます。

 

この伝統的な行事に参加してみませんか?

鬼・七福神をやってみたいと少しでも心が揺らいだ方は是非厄払いの為にも出仕してみてはいかがでしょうか?

それからお稚児さんも募集しています。

詳しくは当時迄ご連絡下さればご説明させていただきます。

問合せのみでも大丈夫です。

出仕者には後日記念写真をお送りする等お土産をご用意しています。

 

同時に

星供祈願  金、千円 (法要終了後ご自宅へお札を発送致します。)

祈祷済福豆  一升枡 金、三千五百円 (送料別途必要)

       一合枡 金、   千円 (送料別途必要)

以上のお申込みも受付しております。

 

 

 

 


2018年12月20日

12月31日午後10時半頃より不動尊護摩供を勤修し、

11時45分より名鐘『待宵の鐘』を撞き年越しをして新年を迎えます。

 

名鐘を撞くのには整理券が必要となります。

整理券の配布は午後11時半より本堂前で行います。

          ◎甘酒(ノンアルコール)を振舞いますので是非御賞味して下さい。

 

鐘を撞いた後に整理券と引換でお札をお授けします。108札限定となります。

 

整理券を受取れなかった方でも撞く事が出来ます。

1月1日の夕方迄は鐘撞堂を開放していますのでこの期間は自由に撞けます。

 


宝積寺本堂

〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原1番地

tel:075-956-0047(9時〜16時)

fax:075-955-0380

pagetop

© 2018 真言宗智山派 天王山 宝積寺 All rights reserved.